Embajada en Japón

ギジャルモ・デ・アンヘリス個展

日時: 2016年7月18日(月・祝) - 8月14日(日)
場所・主催: GALLERY IND.
(630-0252 奈良県生駒市山崎町 12-22, SAKURAHOUSE 108)
Tel 090 6606 9697 (吉倉)
e-mail: info@ind.xit.jp
Sitio web: http://www.gallery-ind.com/
後援: アルゼンチン共和国大使館
*事前予約制 (電話またはメ-ルにてご連絡下さい)

昨年に引き続きアルゼンチン出身の写真家、ギジェルモ・デ・アンヘリスの個展が GALLERY IND.にて開催されます。
スペインのマドリードに10年近く在住、その間、建築、デザイン、哲学を学びその後写真表現へと進み、現在はアルゼンチンに活動拠点を置くフォトグラファーです。これまで発表してきました作品は全てスクエアのフォーマットに収められており、作家にとりましては、この正方形が画面を構成する様々な要素間の共鳴を際立たせるための最も効果的な形であると考えているようです。モノクロ−ム、またはカラーで現像された作品には各プロジェクトごとに、DIEGESIS,HAIKUS,ALUSIONES,TEXTURA等のタイトルが付され、その一つAUSENCIAはラテン語のabsentiaに由来するもので、遠隔を意味する接頭辞ab(=remoteness)と存在、本質を意味するesse(=be)の複合形であり、absenciaとessenciaはそれぞれ現代英語ではabsenceとessenceへと継承され、対義一対をなしています。このような一見謎解きのような含みのあるタイトルからは、饒舌な語りを避け、本質的なものをシンプルな形で構築、示唆しようとする作家の姿勢や内在する精神性、作品に込められた意図が伺い知れます。