Embajada en Japón

Welcome to Embajada en Japón

Novedades

カロリ-ナ・ラケル・アンティッチ作品展が6月28日から7月5日までBunkamura Galleryにて開催されています。カロリ-ナ・ラケル・アンティッチはベネチア在住のアルゼンチンのア-ティストです。 今回の作品展では、2007年から現在に至る過去10年間に制作されたキャンパス作品を中心に、水彩や鉛筆デッサン、磁器彫刻、コマ撮り手法で制作されたアニメ-ションなど約30点の作品が紹介されます。 アンティッチの作品の登場人物の大半は少年少女達ですが、純真や初々しさだけではなく、残酷さ、孤独、移ろいやすい感情が映し出されています。 日時 6月28日-7月5日 時間10時-19時半...
(MHDモエ ヘネシー ディアジオ株式会社) 6月5日(月)、ワイン輸入会社のMHDモエ ヘネシー ディアジオ株式会社は、当館にて、アルゼンチンのワイナリー、テラサス デ ロス アンデスのプロモーションイベントを開催しました。当日は、テラサス デ ロス アンデスの醸造家ゴンサーロ カラースコ氏も来日、大使公邸にてアサードが振る舞われました。
2017年6月5日から15日まで、一般財団法人・海外産業人材育成協会(HIDA)とTAHO コンサルティングの共催の下、Japanese Management Experience(JAME) 第二弾のアルゼンチン及び、他のラテンアメリカ諸国の企業経営者向けのコーポレートマネジメント研修 セミナーが開催されています。 大使は6月5日にHIDA東京研修センターで行われた開講式に出席し、6月6日には参加者を歓迎して大使館でワインパーティーを開きました。 ワインパーティーには谷口智彦内閣官房参与、HIDAの桒山信也理事長、TAHO とJAMEの理事を兼務しているホルへ・...
ミロンガとセミナー タンゴを通してアルゼンチンから日本、アジア、世界へと繋がりを求めて 日時: 2017年7月14日(金)から17日(月・祝日) 場所:  池袋アカデミーホール(14,15日) 豊洲シビックセンターとスタジオ・オウル(16日) 豊洲シビックセンターとスタジオ・オウル(17日) アルゼンチン、シンガポール、韓国、ロシア、インドネシア、日本のアーティストの他、台湾、香港からも参加。 詳細: https://www.tangofestivalentokyo.com/ 090-347-1131 (サエ&ホアン・カルロス)
  大使館の入り口では、次々とつぼみが開き、美しい赤い花が咲いています。 お近くにお越しの際にはぜひ見にいらしてください。          
週刊「奇跡の絶景」(講談社)No.31号は、パタゴニア特集号(34ペ-ジ)です。美しい写真の数々と共に、パタゴニアを巡る旅のアドバイス、絶景グルメ、氷河の魅力、旅行お役立ち情報、パタゴニアに住む人々の暮らしまで幅広く紹介しています。特集号の発刊に際し、在日アルゼンチン共和国大使館、及びメルコス-ル観光局も協力しました。定価は590円(税別)で、全国の書店にて販売しております。
「マティアス・ピニェイロ監督とアルゼンチン映画の現在」 日時:  2017年6月1日(木)、2日(金)、6月3日(土) 場所: アップリンク渋谷、アテネ・フランセ文化センター 主催: アテネ・フランセ文化センター、アップリンク渋谷、Happy Tent 後援: 在日アルゼンチン共和国大使館 デビュー作以来、次々と新作を発表し続けているアルゼンチンを代表する新鋭監督、マティアス・ピニェイロは、既に長編 6作品目にあたる『エルミア&エレナ』を2016年のロカルノ国際映画祭で発表。 古典作品にインスピレーションを得ながら入り組んだ物語を美しい映像で紡ぐ、...
2017年1月2日より外国人旅行者の宿泊に関して付加価値税(21%) の還付が法律で定められました。この制度は1997年に制定された付加価値税法、及び2016年9月27日に制定された付加価値税法の修正法令第1043に基づき、国家歳入連邦行政機関及び観光省の合同決議 No.3971によって施行され、官報に掲載されました。 (https://www.boletinoficial.gob.ar/#!DetalleNormaBusquedaRapida/156919/20161230/Turismo) この規定は、非居住外国人旅行者のあらゆるタイプの宿泊に適用されます。その範囲はホテル、...
5月26日(金)、5月27日(土)の両日にわたり第3回「TOKYO INTERNATIONAL ART FAIR」が渋谷ヒカリエにて開催されます。 このフェアには、世界40カ国以上から150名を越えるアーティストが参加し、一つの至極の空間の下で様々な素材や技法を用いた現代アートを紹介します。東京に集約された世界各国のアーティスト作品を、直接その場で購入することができます。 アルゼンチンからは、フアン・モロ-ニ(Juan Moroni 画家)とギャラリ-「イマヒナリオ」(Imaginario galería de arte)のふたつのブ-スが出展予定です。  ...

No front page content has been created yet.

Destacados

アルゼンチン共和国は、2019年2月22日に、下記の共和国の発行済債券に関する債権者集会を開催することとし、その招集公告を2019年1月15日付の日本経済新聞及び官報に掲載いたしました。 第4回アルゼンチン共和国円貨債券(1996) 第5回アルゼンチン共和国円貨債券(1999...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。  
アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使、岡本三成外務大臣政務官両名により、来る2018年の日亜外交樹立120周年記念ロゴを2017年12月19日(火)、大使公邸にて発表いたしました。   ロゴは在亜日系団体連合会(FANA)が主催となって公募を行い、...
メルコスール観光局ブースにて。左からマティアス・バビーノ参事官(アルゼンチン大使館)、池谷光代氏(メルコスール観光局)、ナチ・ヴィラルド 氏(アルゼンチン観光公社), アラン・ベロー駐日大使(アルゼンチン大使館)
9月22日~24日にかけて東京ビッグサイトにて世界最大級の旅の祭典、ツーリズムEXPOジャパン2017が開催され、アルゼンチンはメルコスール観光局ブース(「中南米・カリブ」エリアJ2ブース)に出展いたしました。(イベントは終了しています。)   アルゼンチン観光公社(...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2017 チャリティーバザー」が2017年10月30日(月)、新装した東京プリンスホテルにて開催されます。   日時: 2017年10月30日(月)午前11:00 ~ 午後3:30 *午前10:...
神里雄大(演出家、劇作家)の新作「バルパライソの長い坂をくだる話」がKYOTO EXPERIMENT 2017 で11月3日から5日にかけて世界初演される。神里は2016年10月から2017年8月にかけて文化庁新進芸術家海外研修制度によりアルゼンチン・ブエノスアイレスに滞在。滞在中に執筆し、...
リニエルスの絵本『エンリケタ、えほんをつくる』発売を記念した子供のためのオリジナルバックを作るワ-クショップが表参道にあるアルゼンチンのアパレルショップ Juana de Arcoにて2017年9月2日(土)11時から12時にかけて開催されます。http://mt.hpfrance.com/...
今年の12月2日から12月11日にかけて、ニコラス・メルマンが初来日します。 メルマンは音響芸術や電子音響学において活躍しているアルゼンチンの作曲家、音楽家兼サウンドア-ティストです。   プロフィ-ル: www.melmann.com.ar  ...
カルロス・パヴァンの2016年日本公演が11月19日から25日にかけて下記の通り行われます。 カルロス・パヴァンはアルゼンチンの伝説的な音楽家ホルヘ・モレル、パブロ・シ-グレル(元ピアソラ楽団のピアニスト)に師事した後、2000年よりNYを拠点に活躍するアルゼンチン人の作曲家兼ギタ-...