Embajada en Japón

Welcome to Embajada en Japón

Novedades

「わたしの物語〜わたしがいかにしてモンハ(修道女)になったか〜」 アルゼンチンの現代作家セサル・アイラ原作の小説「わたしの物語」の初舞台化。 原作     セサル・アイラ 訳        柳原孝敦 演出     田中麻衣子 日時: 2016年4月26日-29日(計7回公演) 4月26日(火)20時 4月27日(水)14時/19時半 4月28日(木)14時/19時半 4月29日(祝)13時/18時 場所: 参宮橋TRANCE...
日時 3月12日(土) 15時開演 場所 東京オペラシティ コンサ-トホ-ル 東京都新宿区西新宿3-20-2 https://www.operacity.jp/access/index.php ピアソラ歌いとして世界最高のディーヴァ、バルタール、圧倒的な存在感を放つグラナドス、小松亮太と待望の再共演!
日時 2月27日(土)、28日(日) 14時開演 場所 横浜みなとみらいホ-ル 小ホ-ル 横浜市西区みなとみらい2-3-6 Tel 045 682 2020 www.yaf.or.jp/mmh/index.php 制作・主催 横浜能楽堂 後援 アルゼンチン共和国大使館 今回のコンサ-トは、「音楽革命」ほ引き継ぐタンゴの「巨匠」パブロ・シ-グレルと「邦楽の貴公子」藤原道山、初めての共演。 国を超え、時代を超え、さらなる「音楽革命」へ。 シ-グレル書き下ろしの新作「12hours~重なる瞬間」の初演もご期待下さい。
日時 2016年3月8日 19時-20時半 国際女性デ-記念ト-ク 「アメリ-タ・バルタ-ル」 司会  名古屋大学大学院准教授/PaPiTa MuSiCa 西村秀人氏 入場無料 スペイン語/日本語 主催 セルバンテス文化センタ-東京、アルゼンチン共和国大使館 協力 東京オペラシティ文化財団 「国際女性デ-」にアルゼンチンを代表する歌手アメリ-タ・バルタ-ルの講演会を開催します。バルタ-ルは1968年ピアソラのオペレッタ(詩:オラシオ・ フェレ-ル)「ブエノスアイレスのマリア」の主役に抜擢され、その後ピアソラのミュ-ズとして活躍し、充実したキャリアを積んできました。...
2015年12月11日(金)・12月12日(土) 会場:アテネ・フランセ文化センター アルゼンチンを代表する若手監督として世界中から注目されているマティアス・ピニェイロ。 今回は2014年夏にロカルノ国際映画祭で発表された最新作も含めた4作品を上映。 12月11日(金) • 18:30 「みんな嘘つき」(75分) • 20:05 「ロサリンダ」(43分) 12月12日(土) • 16:30 「ビオラ」(63分) • 18:00 「フランスの王女」(67分) 全て日本語字幕付き、料金:一般1200円、4回券4200円、学生シニア1000円...
上田義彦写真展開催のお知らせ ゜Materia 2015" 上田氏は、アメリカのワシントン州の木々や森をとらえた写真集「Quinault」から、屋久島の木々や森を記録した近作「Materia」に至るまで、約30年にわたり、写真を通じて地球上の生命の根源について考察を続け、巡礼の旅を続けてきました。 本展では、新作を中心に「Materia 2015」のタイトルのもと、海中や木々や台地など地球上の『生命を生む力』を表した作品33点を展示します。そのうち15点は今夏以降、パタゴニアにおいて撮影された新作です。 会期 11月14日(土)-12月12日(土) 会場 ...
12月8日(火)15時から19時まで、セレステ・ウレアガ本人が本展示(ロックのポートレート)に在廊します。 日時: 2015年11月17日(火)-12月17日(木) 開館時間 月-土 10:00-20:00  日曜日 10:00-12:30 場所: セルバンテス文化センタ-東京 二階ギャラリ- (住所 千代田区六番町2-9  Tel 03 5210-1800) 主催: セルバンテス文化センタ-東京 協力: アルゼンチン共和国大使館、 入場無料 展覧会 セレステ・ウレアガ写真展 アルゼンチン、ネウケン州出身アーティストによる写真展。本展示はみなさんを喜びや自由、開放、...
日時: 2015年11月19日(木)19時から 場所: セルバンテス文化センタ-東京 地下1階オーディトリアム (住所 千代田区六番町2-9  Tel 03 5210-1800) 主催: セルバンテス文化センタ-東京 協力: アルゼンチン共和国大使館、集英社 言語: スペイン語/日本語(同時通訳有り) 入場無料 ふたりの出会いはフロレンシア・ウェルチョスキ-氏が桜木紫乃氏へ宛てた一通の手紙からはじまりました。2013年3月に処女小説「パパのラブホ」を執筆 したフロレンシアは、地球の反対側の日本で桜木紫乃氏が「ホテルロ-ヤル」(直木賞受賞作)...
2015 アルゼンチン国立南極局芸術プログラム参加作家共同展 アンドレア・ホアン 月風かおり 「南極嵐」 「南極の風」 日時:2015年9月9(水)~13(日)、10時~18時(最終日は15時まで) 会場:世田谷美術館区民ギャラリーB 詳細
この度、アルゼンチン共和国は、ファッション・デザイン合同展“rooms”に出展いたします。第7回目の出展となる「rooms31」では、今年も日本市場に向けて厳選された6名のデザイナーが、クリエイティビティに溢れる2016春夏コレクションをご紹介いたします。同展示会に出展するアルゼンチンブランドの詳細情報は、以下リンクよりご覧下さい。 /userfiles/_designer_list_rooms31_jp.pdf

No front page content has been created yet.

Destacados

毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。  
アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使、岡本三成外務大臣政務官両名により、来る2018年の日亜外交樹立120周年記念ロゴを2017年12月19日(火)、大使公邸にて発表いたしました。   ロゴは在亜日系団体連合会(FANA)が主催となって公募を行い、...
メルコスール観光局ブースにて。左からマティアス・バビーノ参事官(アルゼンチン大使館)、池谷光代氏(メルコスール観光局)、ナチ・ヴィラルド 氏(アルゼンチン観光公社), アラン・ベロー駐日大使(アルゼンチン大使館)
9月22日~24日にかけて東京ビッグサイトにて世界最大級の旅の祭典、ツーリズムEXPOジャパン2017が開催され、アルゼンチンはメルコスール観光局ブース(「中南米・カリブ」エリアJ2ブース)に出展いたしました。(イベントは終了しています。)   アルゼンチン観光公社(...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2017 チャリティーバザー」が2017年10月30日(月)、新装した東京プリンスホテルにて開催されます。   日時: 2017年10月30日(月)午前11:00 ~ 午後3:30 *午前10:...
神里雄大(演出家、劇作家)の新作「バルパライソの長い坂をくだる話」がKYOTO EXPERIMENT 2017 で11月3日から5日にかけて世界初演される。神里は2016年10月から2017年8月にかけて文化庁新進芸術家海外研修制度によりアルゼンチン・ブエノスアイレスに滞在。滞在中に執筆し、...
リニエルスの絵本『エンリケタ、えほんをつくる』発売を記念した子供のためのオリジナルバックを作るワ-クショップが表参道にあるアルゼンチンのアパレルショップ Juana de Arcoにて2017年9月2日(土)11時から12時にかけて開催されます。http://mt.hpfrance.com/...
今年の12月2日から12月11日にかけて、ニコラス・メルマンが初来日します。 メルマンは音響芸術や電子音響学において活躍しているアルゼンチンの作曲家、音楽家兼サウンドア-ティストです。   プロフィ-ル: www.melmann.com.ar  ...
カルロス・パヴァンの2016年日本公演が11月19日から25日にかけて下記の通り行われます。 カルロス・パヴァンはアルゼンチンの伝説的な音楽家ホルヘ・モレル、パブロ・シ-グレル(元ピアソラ楽団のピアニスト)に師事した後、2000年よりNYを拠点に活躍するアルゼンチン人の作曲家兼ギタ-...
アルゼンチン共和国アラン・ベロ-大使 アルゼンチン観光局、大使館、現地オペレ-タ-と共にアルゼンチンのスタンドにて。 (9月22日-25日ツーリズムEXPOジャパン2016@東京ビッグサイト/ アルゼンチンはメルコス-ル(南米市場共同体)ブ-スに出展しました。)