Embajada en Japón

Welcome to Embajada en Japón

Destacados

カルロス・パヴァンの2016年日本公演が11月19日から25日にかけて下記の通り行われます。 カルロス・パヴァンはアルゼンチンの伝説的な音楽家ホルヘ・モレル、パブロ・シ-グレル(元ピアソラ楽団のピアニスト)に師事した後、2000年よりNYを拠点に活躍するアルゼンチン人の作曲家兼ギタ-...
アルゼンチン共和国アラン・ベロ-大使 アルゼンチン観光局、大使館、現地オペレ-タ-と共にアルゼンチンのスタンドにて。 (9月22日-25日ツーリズムEXPOジャパン2016@東京ビッグサイト/ アルゼンチンはメルコス-ル(南米市場共同体)ブ-スに出展しました。) 

Novedades

7月29日(日)10時35分から10時50分にかけてJ-WAVEの日曜朝の番組「ACROSS THE SKY」の"CROSS POINT"のコーナーでブエノスアイレスのラジオ局ミネソタ・ラジオとコネクトします。 フェデリコ・マルティネス・ペナ(アルゼンチンの音楽・演劇専門のプロデューサー)がアルゼンチンの最新音楽事情をご紹介します。 皆様、お楽しみに。
 2018年7月19日から21日にかけてセルバンテス文化センターにて、アルゼンチン映画監督協会DAC主催の「アルゼンチン・コンテンポラリー映画監督作品 世界巡回上映会」が開催されました。 会期中、アルゼンチン映画の魅力と多様性をご紹介する為に厳選された5本のアルゼンチン映画が上映されました。 初日には、アルゼンチン大使館文化担当官が出席し、マルセロ・ピニェイロ監督の「木曜日の未亡人」(2009年)が上映されました。 他の四本の作品は下記のとおりです。 「復活」 ゴンサロ・カルサダ監督 2015年 「クリプトナイト」 ニカノール・ロレッティ監督 2015年 「アブスルダ」 ダニエラ・...
セルバンテス文化センターのご協力により、アルゼンチン大使館はアルゼンチン映画監督協会DAC主催の「アルゼンチン・コンテンポラリー映画監督作品 世界巡回上映会」より厳選された5本の作品を同センターにて上映いたします。   アルゼンチン映画の多様性、台頭するアルゼンチン映画産業のジャンル、高い芸術性、及び映画技術に触れて頂く絶好の機会です。   アルゼンチンは、歴史的にラテンアメリカの中で最も傑出した映画を生んでいる国のひとつです。素晴らしい監督やアーティストによる数多くの作品はフェスティバル、世界の劇場において強い関心を呼び覚ましています。   会場 セルバンテス文化センター ...
来る7月22日に、NPO法人CBKは、アルゼンチン大使館の後援のもと、神戸で「フィエスタ・アルヘンティーナ神戸」を催します。 12時から16時まで「海外移住と文化の交流センター」で開催され、入場は無料です。 チョリパン、エンパナーダ、マテ茶等の郷土料理やアルゼンチン・ワイン、ロベルト・デ・ロサーノ、マコ、エルネスト&アヤ、センチメント・タンゲーロによるタンゴ・ショーをお楽しみいただけます。 詳細:  CBK(電話078-222-5350)
2018年6月26日、上越市立水族博物館うみがたりがグランドオープンし、開館記念式典が開催されました。駐日アルゼンチン共和国アラン・ベロー大使、及びアルゼンチンのチュブ州政府観光省保護区担当次官ネストル・ラウル・ガルシア氏が村山秀幸上越市長と共に式典に出席しました。同水族館にはプンタトンボの環境を再現したペンギンミュージアムがあり、世界一の飼育数を誇る120羽のマゼランペンギンが生息しています。   水族館のオープンに先立ち、上越市とチュブ州はマゼランペンギンの保全を目的とした協力協定を今年二月に締結しました。   開館記念式典において、...
去る6月24日、アラン・ベロー大使はタンゴダンスアジア選手権のファイナルに出席し、ご挨拶すると共に、優勝者2組に賞状を授与しました。    優勝された方々は,8月にブエノス・アイレスでの世界大会に出場します。 このタンゴダンスアジア選手権は株式会社ラティーナが主催し、アルゼンチン大使館が後援しました。 ジェン&リリー(シンガポール)とメン&リチェン(中国)のペアが、それぞれ「ピスタ部門」と「ステージ部門」のチャンピオンに選ばれました。
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018にてアルゼンチンの映画監督パブロ・ソラルス(Pablo Solarz) 「ザ・ラスト・スーツ(仮題)/The Last Suit 」が上映されます。     ナチスの迫害を逃れた老人が、約束を果たす旅に出る感動のロード・ムービーです。是非、お見逃しなく。   あらすじ:ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋アブラムは、子どもたちに自分の家を処分されたのを機に、故郷ポーランドへと旅立つ。それは、戦時下にユダヤ人である自分を救ってくれた友との再会を果たすためだった。   上映日時: 7月16日土曜日 11時(場所: SKIP City...
● 6月16日(土)13:30~14:00『誰だって波乱爆笑 特別編 エビータの波乱履歴ショー』(日本テレビにて放送 ※関東ローカル) ※MC:堀尾正明、溝端淳平、岡田結実 / コーナー進行:平子祐希(アルコ&ピース) / ゲスト:市村正親http://www.ntv.co.jp/program/detail/21869661.html ●『素顔のラミン・カリムルー 新たな挑戦 ミュージカル「エビータ」への軌跡』(WOWOW) ・6/16(土)午後3:30 ・6/27(水)よる7:45 ・7/5(木)午前9:35 ・7/12(木)よる7:15 ※無料放送http://www.wowow.co...
2018年6月3日(日)に熊谷市国際交流協会主催の国際交流イベント「RWC2019熊谷ラグビー場出場国を知ろう!~アルゼンチン編~」がさいしん熊谷本町ビルにて開催されました。当日は、アルゼンチン共和国大使館より文化観光担当マティアス・バビーノ参事官と文化部職員が参加し、アルゼンチンの紹介を行いました。   イベントの開始に先立ち、熊谷市国際交流協会松本邦義会長による開会の辞、来賓代表として富岡清熊谷市長のご挨拶がありました。   約100名の市民が参加する中、まず大使館職員がアルゼンチンの地理、文化、観光など国全般について紹介し、次にバビーノ参事官が、...
大使館の入り口では、次々とつぼみが開き、美しい赤い花が咲いています。 お近くにお越しの際にはぜひ見にいらしてください。

No front page content has been created yet.

Destacados

毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2018チャリティーバザー」が2018年10月22日(月)、東京プリンスホテルにて開催されます。   日時:2018年10月22日(月) 午前11時~午後3時30分 *...
2018年の幕開けと共に、アルゼンチン共和国大使館では日亜外交樹立120周年記念ロゴを活用して参ります。 この記念ロゴは、2018年を通して日本・アルゼンチン両国の友好の証およびシンボルとして、日亜外交樹立120周年記念の一環として行われる全ての活動の中で活用されます。  
アラン・ベロー駐日アルゼンチン共和国大使、岡本三成外務大臣政務官両名により、来る2018年の日亜外交樹立120周年記念ロゴを2017年12月19日(火)、大使公邸にて発表いたしました。   ロゴは在亜日系団体連合会(FANA)が主催となって公募を行い、...
メルコスール観光局ブースにて。左からマティアス・バビーノ参事官(アルゼンチン大使館)、池谷光代氏(メルコスール観光局)、ナチ・ヴィラルド 氏(アルゼンチン観光公社), アラン・ベロー駐日大使(アルゼンチン大使館)
9月22日~24日にかけて東京ビッグサイトにて世界最大級の旅の祭典、ツーリズムEXPOジャパン2017が開催され、アルゼンチンはメルコスール観光局ブース(「中南米・カリブ」エリアJ2ブース)に出展いたしました。(イベントは終了しています。)   アルゼンチン観光公社(...
毎年恒例となりました「フェスティバル・ラティーノアメリカーノ2017 チャリティーバザー」が2017年10月30日(月)、新装した東京プリンスホテルにて開催されます。   日時: 2017年10月30日(月)午前11:00 ~ 午後3:30 *午前10:...
神里雄大(演出家、劇作家)の新作「バルパライソの長い坂をくだる話」がKYOTO EXPERIMENT 2017 で11月3日から5日にかけて世界初演される。神里は2016年10月から2017年8月にかけて文化庁新進芸術家海外研修制度によりアルゼンチン・ブエノスアイレスに滞在。滞在中に執筆し、...
リニエルスの絵本『エンリケタ、えほんをつくる』発売を記念した子供のためのオリジナルバックを作るワ-クショップが表参道にあるアルゼンチンのアパレルショップ Juana de Arcoにて2017年9月2日(土)11時から12時にかけて開催されます。http://mt.hpfrance.com/...
今年の12月2日から12月11日にかけて、ニコラス・メルマンが初来日します。 メルマンは音響芸術や電子音響学において活躍しているアルゼンチンの作曲家、音楽家兼サウンドア-ティストです。   プロフィ-ル: www.melmann.com.ar  ...
カルロス・パヴァンの2016年日本公演が11月19日から25日にかけて下記の通り行われます。 カルロス・パヴァンはアルゼンチンの伝説的な音楽家ホルヘ・モレル、パブロ・シ-グレル(元ピアソラ楽団のピアニスト)に師事した後、2000年よりNYを拠点に活躍するアルゼンチン人の作曲家兼ギタ-...
アルゼンチン共和国アラン・ベロ-大使 アルゼンチン観光局、大使館、現地オペレ-タ-と共にアルゼンチンのスタンドにて。 (9月22日-25日ツーリズムEXPOジャパン2016@東京ビッグサイト/ アルゼンチンはメルコス-ル(南米市場共同体)ブ-スに出展しました。)